山の幸

2016年11月29日 (火)

富山の五箇山「高千代」さんで熊料理を頂く❤️


先日の富山訪問、つるこはまだ余韻に浸っております。
だって、高岡城でこーんな素敵な紅葉を見ちゃったんですよ〜



艶やか、の一言ですよね😊
こんな真っ赤な葉っぱたちにも会いました



クリスマスに向けて気分も上がりますね〜

さて、つるこの旦那さま、通称「くまちゃん」は今回愛して止まない仲間たち、「くまちゃん」を食べてしまう事となりました〜‼️

そう、世界遺産の合掌造りで有名な富山の五箇山では、なんとびっくり熊料理が頂けるのです‼️

それがこちらの「高千代」さんです。



昭和58年創業とのこと、老舗ですね〜。
なんとあの、秋篠宮ご一家もお忍びでいらしたことがあるそうですよ。

早速ですが、熊のトロ、「熊トロ」の食べ比べからどうぞ〜‼️



マタギの大将が自ら仕留めた熊たち、なんと3匹の異なる熊のトロなんです。
何でも、捕まえた場所によってどんぐりを食べてるとほんのり香ばしい味がするなど、食べてるものによって味が変わるんです‼️

驚きです

口の中でトロッと溶けたり、濃厚な後味を残したりと、確かに3種類とも味と食感が異なりました。
不思議ですね〜❤️

あとはコリッとした食感の生肉の入った熊鍋に、



鹿肉の親子丼も頂きました。



どれも臭みがなく、お肉の味がします。

熊鍋は最後におじやで〆ました😊



色〜んなお出汁が出てて、やっぱりおじや最高ですね

初めての五箇山で初めての熊料理を頂きました。
その土地の物が頂ける「高千代」さんと気さくな大将に感謝です❤️

そうそう、折角ですので、世界遺産の合掌造りもどうぞ〜‼️



和紙が有名な五箇山では、和紙づくりも体験できますよ。

富山五箇山「味処 高千代」さんはこちら

世界遺産 「五箇山」の合掌造りはこちらから




2016年11月20日 (日)

富山で山の幸満載のお宿に泊まりました❤️


ペナンから帰って落ち着く間も無く、つるこは旦那さまの出張にくっついて富山に行って来ました〜

つるこ、初の金沢新幹線です〜



。。。なんだかお顔が何かの動物に似ている様な似ていない様な

そして新高岡の改札口を出ると、こーんなダースベイダーさんがお出迎えしてくれてまーす。



うわー、背、高いですね
これ被ったら、駅の出口出れないですね〜。。。😊

鎧兜大好きな旦那さまは早速大興奮でした

さて、この日のお宿は新幹線の駅、新高岡から車で1時間ほど山の方へ向かった所にある利賀村というほーんとに山の中の「古民家の宿おかべ」さんへお世話になりました。

こちらのお宿、なんと80年ほど前に建てられたそうで、以前はお蚕さんを飼っていらしたそうなんです。
きっと私たちのお部屋もお蚕さんのお家だったのかな〜なぁんて思っておりましたら、なーんとこんな可愛らしい襖が‼️



とってもモダンな装いですが、お部屋はとてもシンプルで居心地の良い畳のお部屋でした。

ではでは早速ですが、この日のお夕飯をどうぞ〜‼️



鯉の昆布締めのお造りからスタートです。
年間を通して10度くらいの生け簀で育つ鯉は、臭みがぜーんぜんなくてコリコリしてて美味しいんです。
ほんのり昆布のお出汁のお味がします❤️



岩魚の唐揚げは頭からむしゃむしゃいけます。
そして利賀村で採れた行者ニンニクで炒めた牡蠣やエリンギなどイタリアーンな逸品たちも出て来ました。
この辺りの少し硬めなお豆腐など、地のものが満載です❤️

そしてお鍋に入っていたお蕎麦は、色が黒くてもっちりしていてなんとも言えない美味しいお蕎麦でした〜😊
じゃん‼️



蒟蒻みたいな色ですが、お蕎麦ですよ、お蕎麦〜‼️
利賀村のお蕎麦は、実も殻も全てお蕎麦にするそうで、このお色になるそうです。
ホールグレインってやつですね、きっと栄養たっぷりですね〜
所変わればで面白いですね〜😊

そして、今回つるこが初めて出会ったのは、「グミのお酒」でございます。
知ってましたグミって

都会育ちのつるこは、グミと言えばてっきりクマの形をしたカラフルなハリボーのグミだと思っておりました所、なんとグミという木になる木の実のことの様なんです。
へ〜、お勉強になりました〜‼️

そのお酒がこちらです〜。



甘〜くて、ちょっとあんずのお酒の様なお味です。
何でも、木によって甘い実と渋い実を付ける木があるそうで、お酒に漬けるのは渋い実の方が味に深みが出て良いそうですよ。
と、宿の女将さんに教えて頂きました

何だか柿の木みたいで面白いですね。
柿の実も渋柿の方を干し柿にしますもんね😊

朝ごはんも山の幸がたっぷりでした。



お煮しめや、



お野菜たっぷりのお味噌汁。。。朝ごはんだけで30品目と1日に必要なお野菜350g食べられちゃったそうです〜❤️

ご家族で営んでらっしゃるこちらの「古民家の宿おかべ」さん、思いがけず山の幸をたっぷり堪能させて頂いちゃいました。

囲炉裏のそばで寛ぐ宿の旦那さまが、何とも言えない良い雰囲気でございました。

また富山に来る機会があったら、お邪魔させて頂きますね〜。
お世話になりました〜❤️

「古民家の宿おかべ」さんはこちら

2016年9月30日 (金)

九州唐津、呼子、嬉野で海の幸と山の幸三昧の旅なり❤️


シルバーウィークはとうに終わりましたが、つるこの中ではまだ夢見心地で〜す。

連休後半は尊敬して止まないお姉さま方たちと、九州へ女子旅に出ておりました❤️

そして、いつも以上の逸品たちに出会いましたよ〜‼️

まずは唐津の「唐津うまかもん市場」でこちらに出会いましたよ〜、じゃん‼️



佐賀牛のユッケです。
ご飯に乗せて頂きました〜❤️

この「唐津うまかもん市場」、その名の通り唐津の新鮮な食材が集まる道の駅なんです。
その食材を使った食堂は地元の方たちで満席です‼️

のっけから飛ばしておりますが、まだまだ食たびは始まったばかりです😊

お次は、この日の宿、「呼子 清力」さんで頂いた鯖の活け造りです。



さっきまでお宿のいけすで泳いでたんですよ〜
お刺身と炙りの二種類で頂きました。
ぷりっぷりの鯖さんです‼️

初めて知ったのですが、九州は関東よりも少し甘めのお醤油なんですね。
いつもとは違う味わいで頂きました〜❤️

でも皆さん、呼子といえば「イカの活け造り」ですよね。
つるこ御一行も本当はイカを目指して呼子へやってきていましたが、残念ながら直前の台風の影響で漁に出れなかったそうで、泣く泣くこの日はイカを断念。
明日の昼には食べられるという言葉を信じて、この日は床に着きました。

そして翌日のお昼前、念願叶って出会いましたよ〜、イカの活け造り



こんな角度でもどうぞ‼️
デイビージョーンズ張りです。



こりっこりの新鮮なイカさん、噂通り透明です。
イカにストレスを与えずににさばくのが技術とのことで、この透明なイカが食べられます。

ゲソは天ぷらで頂きました。
柔らかくてサイコー‼️

こちらは「萬坊」さんといって、海に突き出した建て物の中は海中水族館になっていて、食べながら海の中が見られる人気店です。
つるこ達が帰る頃は、長蛇の列ができていました〜。



萬坊さん、ご馳走様でした。

まだまだ続きます、つるこの食たび。
とその間に、目の保養でーす。

まずは伊万里焼きで有名な伊万里へ。
窯元さんが集まるこのエリアは、街中が焼物です。



そして有田にも行きました〜😊



こちらの有田「田清窯」さん、なんとお姉さまの一人のお知り合いの窯で、突撃訪問だったにも関わらず、お忙しい中を縫って工房の中を見学させて頂きました。

田清窯さんの作品はふるさと納税の品にも選ばれるなど、モダンな作品が多く、新たな取り組みに力を入れてらっしゃいます。
絵付けをされる方も非常に高度な技術を持った方が担当されていらっしゃるんですよ‼️

ショールームは普段は公開されていないそうですが、これもご縁です。
つるこはしっかりビアグラスを購入させて頂きました〜‼️



黄色と緑が艶やかですね〜❤️

実はこのビアグラス、つるこは一度京都の錦市場で出会っていたんです。
でもその時は荷物を増やせず泣く泣く断念しておりましたが、こんな所で再開出来るなんて‼️
しかも作者から買うことが出来るなんて〜‼️‼️

超感無量でした❤️

田清窯さん、どうもありがとうございました😊
ビアグラス、大切に使います

はい、目の保養は終了して、食たびに戻ります。

二日目のお宿は嬉野温泉。
こちらは温泉湯豆腐が超有名でございます。
なんでも、温泉のお湯で炊くと、お豆腐が溶けてとろっとろになるんです。

こちらは老舗の「宗庵 よこ丁」さんで頂きました。



お分かりになりますか❓このほんのり濁った湯豆腐のお湯‼️
元々は透明なお湯がお豆腐が溶けて濁っているんです。

そしてお湯が元々塩味なので、お豆腐も塩気を帯びて絶妙なお味に仕上がります❤️

あ〜、美味しい〜、そして体が温まる〜❤️

嬉野温泉は美肌の湯三選に選ばれるほど、良いお湯なんです。
お肌もツルッツルになって、大満足なつることお姉さま方御一行でした。

お姉さま方、ご一緒頂きありがとうございました〜❤️
また一緒に食たびしましょうね〜😊

「唐津うまかもん市場」さんはこちら

呼子「海辺の宿 清力」さんはこちら

「有田焼窯元 田清窯」さんはこちら

嬉野温泉 「温泉湯どうふ 宗庵 よこ丁」さんはこちら
温泉湯豆腐は通販サイトでも購入できますよ。

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ